コーチング体験談(教員)


 【コーチングを受けて大学院進学の夢を実現!】

 Kさんは、荒れた中学校で教員として、やんちゃな生徒たちと向き合っていました。仕事をしながら、大学院に進学して臨床心理を学びたいという夢を持っていましたが、目の前の現実に追われる生活の中で、夢が置き去られていました。そんな時、コーチングと出会い、そして、1年後に大学院進学の夢を実現されました。

 

 

Kさん(教員・34歳男性(当時))の声

 コーチングを受けて、私が得ている最大の恩恵は、自分自身のポジションを常に確かめられるということです。自分の進みたい道に向かっていく自分と、毎日を生きていく自分が時々離れている経験は誰しも持っているでしょう。私もそうでした。目の前の現実に流される生活の中で、大学院に進学するという夢が置き去られていました。

 

 しかし、コーチングを受け始めると、夢に向かって一歩、そしてもう一歩と進んでいくことができました。毎日を生きていく自分と進みたい道に向かっていく自分をもう一人の自分が空から見ている。そのポジションが私にとってベストなのです。コーチングを受けると、いつもそのポジションにいることができるのです。

 

私が感じた今西コーチの強みは3つあります。

 

 まず、1つ目は誠実なことです。セッション中だけでなく、いつもクライアントのことを思ってくれています。私はいつもそれを感じています。

 

 2つ目は人に対して絶対の信頼を持っているということです。クライアントの力を信じ、あえて厳しいところ(クライアントが逃げているところ)に入っていく強さは人を絶対的に信じているからできることでしょう。私も何度か経験し、本当の自分に出会うことができました。

 

 3つ目は、クライアントの「言葉」を的確にとらえてくれるところです。言葉の意味だけでなく、文脈や声の調子からその言葉をとらえ、フィードバックしてくれます。意識的に発していないのに、それがキーワードになっているケースがよくあり、そこから新しい視点を見いだせたこともありました。

 

  私は今、自分の可能性を信じて応援してくれるコーチとともに、自分の夢に向かって進んでいる毎日に大いなる充実感を持って生活しています。

 

 注)この体験談は、大学院を目指している途中段階でいただいたものです。現在は、中学校の教員として働きながら、博士課程に進んで研究を継続されています。

 

 

※体験談は、ご本人から掲載の許可をいただいております。


Copyright © 2015 IMANISHI MASAKAZU, All right reserved